抜け始める時期

抗がん剤を使って髪の毛が抜け始める時期というのは、人によって多少変わってくるものの、大体2週間から3週間ぐらいになっている場合が多いでしょう。医療用ウィッグは抜け始める前に購入しておくのがベストなのですが、多少抜ける時期が人によって異なるため、ある程度経過してから購入する人もいるのです。ただし、抜けるペースは人によってかなり異なっていると言えるでしょう。

急激に髪の毛が抜け落ちてしまう人もいますし、徐々に少しずつ髪の毛が抜けていく人もいるのです。ゆっくりと抜けていく人の場合には、多少医療用ウィッグを購入するのが遅れても問題ないでしょうが、急激に抜け落ちてしまうタイプの人は、やはり早めに購入しておくべきでしょう。男性であれば帽子をかぶって外に出る人もいるでしょうが、女性ではそれでも恥ずかしいという人がたくさんいます。

インターネットを使って購入できるとはいえ、通常は人にどうしても会ってしまうので、できる限り早めに用意しておきましょう。抗がん剤の治療を行った場合、髪の毛が抜け落ちないという人は殆どいません。また、少しだけ抜けるという人も少なく、多くの人はかかりたくさんの髪の毛が抜けてしまうのです。だからこそ早めに医療用ウィッグを用意しておく必要があります。

参考資料〔https://www.reizvoll-medical.jp
医療用ウィッグの通販サイト「ライツフォル」です。

用意しておくべき時期

抗がん剤の治療を行うことが決まった場合、どのようなタイミングで医療用ウィッグを用意すればよいのでしょうか。人によっても多少異なってくるのですが、がんの治療というのは体力的にも精神的にもかなりつらくなります。また、がんの進行状況によっても変わってしまうので、ある程度進行している場合には、入院が必要になる場合も多いので、途中で買い物に出る、買い物をすることが難しいでしょう。

そのため、あまり医療用ウィッグを使用しないケースもあります。しかし、初期段階であれば普通に外へ出られることもあるので、投与し始めてから購入する人もいるのです。遅くても髪の毛が抜け始めてからすぐの段階で購入しておくべきでしょう。使用し始めてからは、抗がん剤の治療が終了し、新しく髪の毛が生え揃うまで使用するのが一般的です。

そのため、大体半年から1年ぐらいはずっと使用し続けることになるので、購入する店も医療用ウィッグもしっかりとえらばないといけません。特に抗がん剤の治療で脱毛した場合、急激に抜けてしまってボリュームが一気になくなるケースもあります。また、生えてきたら以前とは異なる髪質になっていたということもあるので、購入しても使用したときには合わなくなってしまう可能性もあるのです。

抗がん剤治療と脱毛

薬を飲む女性の写真抗がん剤治療の副作用として、最も多くの人が出てしまうのが脱毛でしょう。
おそらく抗がん剤治療をした人のほぼ全ての人が体験する副作用だと言っても過言ではありません。
では、1度脱毛したらもう2度と髪の毛が生えてくることはないのでしょうか。
実際には大半の人が治療後に髪の毛が生えてきているのです。
問題なのはどれぐらいの期間我慢すれば、新しい髪の毛が生えてくるのかという点なのですが、これは人によって個人差が出てしまうと言えるでしょう。

もちろん最初から生えていなかった場合には、抗がん剤の治療が終わっても生えてくることはありません。元からきちんと髪の毛が生えていた人の場合には、治療が終わってから半年から1年ぐらいの間できちんと元の髪形に戻ります。中には以前よりも多少髪の毛が薄くなってしまうという人もいるでしょう。では、髪の毛が抜けてしまっている間は、我慢し続けなければいけないのでしょうか。男性であれば我慢できる人も多いでしょうが、女性の場合には精神的にもきつくなってしまいます。

そんなときに役立つのが医療用ウィッグなのですが、大体1年間は使用することを前提にしておくべきでしょう。多くの人は抗がん剤の治療を行うと分かったときに購入しているのです。治療中は店まで行くことが難しくなるのが一般的なので、事前に準備しておく人が多いのでしょう。当サイトでは抗がん剤治療を行った場合の脱毛や、事前に用意しておくべき医療用ウィッグについていろいろと紹介させていただきます。